仲介業務と買い取り業務の違いはどこ?

仲介の場合 買取の場合
買主 主に一般個人 不動産会社
売却手続期間 買主を探さないといけず手続きが完了するまで順調にいっても3ヶ月程度の売却時間がかかる 不動産会社が購入してくれるため即売却できる。 (手続きの時間もいれて1ヶ月で完了)
売却価格 一般的に相場価格で売却できる。 仲介と比べると売却価格が低くなるのが一般的

仲介とは

仲介業を行う不動産屋さんは、買い手と売り手の間に入って自宅の売買を仲介することを言います。 売買仲介では、買い手を見つけなければならないので、売却までも道のりもやや長くなります。 しかし、買取よりも高い金額で売却が見込めるという点では、仲介を選ぶ人も多いです。

 

高値売却を希望する方にお勧めです。

仲介の説明図


買取りとは

買取業務とは、不動産屋さんがあなたの自宅を直接買い取る方法を指します。 買取業務のメリットは、なんといっても一連の流れが速いという点で、 自宅をすぐに売りたいとお考えの人に最適です。 しかし買取は仲介よりも売却価格が2~3割程度も安くなる傾向にあります。

 

とにかく早く売却したい方にお勧めです。

買取の説明図

不動産会社に買い取ってもらうこともできる

いち早く不動産を売却したいという方には、不動産会社へ直接買い取ってもらえる買取査定も依頼することができます。 通常不動産会社に仲介してもらって買い手を見つけるとなると、 時間がかかることケースが多く早くても3か月程度の月日がかかります。 しかし不動産会社に直接買い取ってもらう場合、早ければ2週間程度で不動産を引き渡す事も可能なのです。 早く売りたいという方で、売却額が若干安くなっても致し方ないとお考えの方には、 不動産会社の買取査定を検討してみるといいでしょう。

仲介と買取の違いメリットデメリットグラフ