簡易査定と訪問査定どっちがお勧め?

簡易査定と訪問査定

 

簡易査定と訪問査定、どっちがいいの

査定の方法には机上査定と訪問査定の2種類があり、査定の仕方や精度が異なります。 簡易査定(机上査定)はあくまで売却価格の大まかな価格を知るための方法です。
一方訪問査定では、詳細な査定額を算出することを目的としていますので、現地を不動産会社が実際に訪れて、1つ1つの項目をチェックしていく方法をとります。売却を早く進めたい方におすすめです。

 

訪問査定では、不動産会社の人と直接話をする機会が得られるので、この機会を利用して分からないことや不安に思っている点を相談してみるのもいいですね。 売却を前向きに進めているという方には、訪問査定をぜひおすすめします。 しかし、売却するかまだ気持ちに揺らぎがあるようでしたら、まずは机上査定を利用してみるといいでしょう。 上手に使い分けて下さい。
机上査定…手っ取り早くだいたいの金額を提示してもらいたい場合におすすめ。
訪問査定…売却を近々行うという方にベスト。

 

簡易査定と訪問査定の違いグラフ

 

売却額は査定額で決まるは間違い!

最近話題の不動産一括査定サイトを利用すれば、査定の結果もすぐに複数社から取り寄せることが可能ですが、 あくまで「売れそうな価格」としての見込み的な参考価格で、買取価格ではありません。

 

査定の際に参考にする判断材料は、不動産会社によって異なることもあるうえ、 絶対的な保証を約束された金額であるというわけではありません。 売却したい自宅によっても異なりますが、 最近のケースとしては、査定額よりもだいたい2割程度下回る金額で売却する事もあります。

 

もちろん、すべてがそうであるとは限られているわけではなく、なかには査定額を大きく上回った金額で売却しているケースもありますが、 査定額にのみとらわれず、これよりも低くなるかもという気持ちを持っていた方が健全です。

 

@