簡易査定と訪問査定どっちがお勧め?

簡易査定と訪問査定

 

簡易査定と訪問査定の選び方

机上査定を受けるべきか、それとも訪問査定を受けるべきかよく分からないという方もいらっしゃると思います。 机上査定はデータだけを頼りに見積もる方法を用いた簡易的な査定方法のことを言います。
一方、実際に担当者が訪問して詳細な点まできちんと見積もっていく方法が訪問査定ですので、もしあなたが近々売却を検討しているのであれば、訪問査定を受けることがおすすめです。

 

また担当者と直接会話することで、相場の状況や売却戦略などの知識を得られます。 売却するという気持ちが確かなものであるならば、訪問査定を受けるのが良いと思います。 しかし、売る気持ちがそこまで高まっていないという人は、机上査定を受けてみるのも1つの手です。 あなたの状況に応じて査定方法も選んでみましょう。
机上査定…おおまかな概算額を把握したい人におすすめ。
訪問査定…売却を近々行うという方にベスト。

 

簡易査定と訪問査定の違いグラフ

 

売却額は査定額で決まるは間違い!

不動産会社に査定依頼をするならば、最近話題の不動産一括査定サイトを利用するのがおすすめですが、 ここで用いられている査定結果に載っている金額は参考価格のことを指しており、これくらいなら買い手が付くのでは?という参考価格にすぎません。

 

査定の際に参考にする判断材料は、不動産会社によって異なることもあるうえ、 査定額は絶対的な意味を持つものではありません。 物件により差がありますが、 査定価格の1割から2割程度ほど下の価格で売買されているというのも当然あり得ます。

 

その時々の市況等によっては、予想以上の金額で自宅が売れたというラッキーな人も世の中にはいますが、 査定金額よりもやや低い金額になるという覚悟をしておくことのほうが、とても大切です。

 

@