簡易査定と訪問査定どっちがお勧め?

簡易査定と訪問査定

 

簡易査定と訪問査定の選び方

机上査定って?訪問査定って?詳しくはよくわからない人も多いことでしょう。 簡易査定(机上査定)はあくまで売却価格をざっくり知るための方法。
一方、実際に担当者が訪問して詳細な点まできちんと見積もっていく方法が訪問査定ですので、もしあなたが近々売却を検討しているのであれば、訪問査定を受けることがおすすめです。

 

訪問査定の良い点は、実際に不動産会社の担当者に会って話ができるところですので、このチャンスに不動産売買のコツについて思い切って聞いてみるのもいいでしょう。 売りたい気持ちが強いのであれば、ぜひ訪問査定を受けた方がいいでしょう。 ただ、売却はまだ検討段階であるという方であれば、机上査定をまずは受けてみるという方法でもよいと思います。 今後の状況に応じて、机上査定と訪問査定を使い分けてみましょう。
机上査定…大体の金額をすぐに知りたいという方に最適。
訪問査定…すぐにでも売却活動を行いたいという方に最適。

 

簡易査定と訪問査定の違いグラフ

 

査定価格はあくまで参考価格

不動産一括査定サイトが普及してかんたんに不動産の査定が出せるようになりましたが、 ここでいう査定によって算出される金額は、これくらいの価格で売却できるのでは?という予想額であるため、買取価格ではありません。

 

そのため、不動産会社の評価の基準が他の不動産会社と違えば、査定額も異なるうえ、 売却とイコールとなるケースもそうあるものではありません。 売却したい自宅によっても異なりますが、 1割から2割程度査定額よりも低く売られていることがケースもあります。

 

その時々の市況等によっては、予想以上の金額で自宅が売れたというラッキーな人も世の中にはいますが、 通常は「(査定よりも)低い価格になることが多い」ということを認識して契約を考えましょう。

 

@