不動産売却の流れを紹介します!

 

不動産を売却する一連の流れを説明します。 納得のいく売却ができるためにもここで全体の流れを把握しといて下さい。

 

/不動産売却③上
不動産売却③下

 

不動産売却には3ヶ月かかるイベントです。

不動産売却と言うのはなかなか簡単ではなく 不動産業者と契約を交わしてから、売買契約を結ぶまでは、 早い場合でも1ヵ月、平均すると3ヶ月はかかってしまいます。 また苦労して売買契約が結ばれてからも、引き渡しまでにさらに期間が1カ月きら3カ月かかります。

これは一般的に言われる平均的な期間ですので、 山奥の物件や何かしら制限付き物件など なかなか買いてが見つかりづらい物件に関しては 半年、1年経っても売れず何年も売れ残りをしてしまうことも十分にあります。 不動産売買は短期間で考えるのではなく腰を据えて 最低でも3ヶ月から半年はかかるものと認識しておいた方が良いでしょう。

売却のポイント
しっかりとあなたの地域での適正価格を把握して、 1番売りやすいとされるタイミングである レインズに登録した段階で売却を決めるのがあるそうです。 ライバル不動産の状況や新築マンション情報、又は社会情勢を踏まえ 戦略的に売却活動をしてくれる不動産会社を見つけることがポイントとなってきます。 積極的に販売活動をしてくれる不動産会社を見つけるのが重要です。

※適正価格より大幅に高い金額で売り出してしまうと 1番売れる時期とされる売り出し直後に売却のチャンスを逃してしまいます。 しっかりと適正価格を把握して売り出しの段階で売り抜くことが良いかと思います。

不動産売却の流れについてのまとめ

不動産売却の一連の流れについて紹介してきました。仲介での不動産売却はいろいろな段階を踏まえて最終的には買主を見つけなくてはならず、1週間や2週間で売却が完了すると言う事はありません。順調に行って3ヶ月はかかるものと思って取り組みましょう。

 

この一連の流れの中で特に重要になるのが不動産会社選びになります。良い不動産会社を見つけることが不動産売却の成功の秘訣です。

 

一般的には不動産会社と媒介契約をしてから不動産売却が本格的にスタートすると思いがちですが、売買契約を結ぶ前の事前活動が肝となります。なるべく多くの不動産会社に査定を依頼して不動産会社を比較しましょう。

\かんたんに自宅のお値段が分かる/

ホーム4U

▼公式サイトはこちら▼